月別: 2017年9月

発信業務は高時給

コールセンターでのアルバイトは、女性の割合が高いと言われています。それには理由があるのですが、たとえば、化粧品や女性モノの下着など通販の注文を受ける「インバウンド業務」では、電話の向こうのお客様が、自分の肌質にこの商品は合うかしら?とかこのサイズの下着を身につけるのに私の体系でも大丈夫かしら?とほんの少しの悩みでもお話されてくることが多くあります。そのときの短い時間でいかにお客様の話を聞き安心させて商品をお買い上げ頂けるかってことは、やはり同性だから答えられるとおもいます。ですから商品内容によっては、男性のアルバイトは採用しないこともあるようです。

高時給と言われるコールセンターでは、発信する「アウトバウンド業務」の方が時給が高いようです。一軒ずつ電話をかける、ガチャってすぐに切られてしまう。新しい商品内容の説明をしている最中に電話が切れる!なんてことはザラにある仕事内容です。でも根気よく電話をかけることで、訪問営業の約束にこぎつけることもあります。その先は営業の仕事ですが、そこで契約が交わされればあなたの時給にプラスアルファとなるでしょう。また、発信業務が得意な方には業績アップにつながるので時給も2000円とかすぐに高額になるとも言われています。コールセンターのアルバイト求人でも自分のあった内容を見つけることが必要でしょう。

参考リンク・・・https://callcenternavi.jp/
コールセンターのアルバイト求人掲載している「コールセンター求人ナビ」です。

コールセンターの内容

さて、いろいろとアルバイトを探す中で時給の高い「コールセンター」の仕事が気になりましたが、どういう仕事なのか確認しておきましょう。電話を受信することを「インバインド」電話を掛ける発信することを「アウトバウンド」という業界用語があります。コールセンターの仕事内容により、どちらか一方の仕事もあれば、両方を行っている会社もあります。この業務内容により時給がもっと高いこともありますし、発信業務で仕事がとれれば、インセンティブがつくこともあるでしょう。

それだけの仕事だけれども、特別な資格とかは必要なのでしょうか?はじめて「インバウンド業務」のコールセンターの仕事にチャレンジするときに資格は必要ないでしょう。また、仕事に入る前に数日間は電話マナーやパソコンの使い方を研修してくれますので安心です。ただし、これは通販などの注文を受けるインバウンド業務です。

同じくインバウンド業務でも、パソコン・テレビなどの家電・インターネット接続・保険会社など専門的な内容には必ず問い合わせの窓口があります。このように専門職が強いコールセンター業務では、その仕事に関係していたことがあるのか、特別な資格があるか必須となります。

ネットでバイト探しをする

アルバイトを探している時に一番気になるのが時給です。1時間にいくら稼ぐことができるのか、お金を稼ぐためにアルバイトをしようとしている訳ですから大切なことですよね。いくつもの職種や業種がありますので、ひとつひとつ見て探していくのは本当に疲れる作業です。インターネットのアルバイトサイトであれば、仕事をしたい地域・業種・時給で一括検索できるのが魅力的なサービスです。

アルバイトといえば、コンビニエンスストアやピザの宅配サービス、飲食店などに目が向きやすいかもしれません。でもよく見ると人気のコーヒーショップでは案外と時給が安いなと感じるでしょう。それではどのような業種であれば時給が高いのか見てみると、「コールセンター」が多数浮かび上がってきます。コールセンターってアルバイトという感じがしない、ちゃんとした仕事みたいだけれども実際のところはどうなのか確認してみましょう。

コールセンターといってもさまざまな業界が存在します。よく聞くのがテレビなどの通信販売です。電話をかけると対応してくれる人がいますよね?その人たちの仕事こそがコールセンターの仕事です。電話に出る=受信することをインバインドといいます。逆にアウトバウンドという発信業務もあります。このようにデスクとパソコンと電話があれば確率する仕事がおもいのほか時給が高いのはどうしてなのでしょうか?すごくハードな内容だから時給が高いのかなって疑うとおもいます。